うしいぬ日記

ワンコの事、お庭のこと、娘たちの観察日記。
お気楽主婦の日常。

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
PR
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
探梅行
0
    探梅行・・・「たんばいこう」と読みます。
    探梅「たんばい」とも梅探る「うめさぐる」ともいうようです。
    「梅」というと春の季語だけど
    「探梅」は冬の季語なんですね。
    ちらほらと咲き始めた梅を探して山野を歩くことを
    探梅というようです。
    なかなか風情のある季語だと思います。

    探梅とは言わないかもしれないけど、ハイビの
    ロングバージョンお散歩コースの途中にある
    真間山弘法寺の紅梅です。
    お隣に白梅もありますが、そちらはまだ固い
    つぼみのようです。
    寒い寒いといいつつも、季節は進んでいます。

    乾燥した日々を利用してこんな事して遊んでます。

    干ししいたけ作り!
    山梨から帰ってきた長女の荷物の中にこの、青い干し網が・・・
    写真ではわからないけど、ちゃんとファスナーもついてて
    鳥さんの糞なども防げそう。
    1号は山梨のアパートのベランダで野菜を干して
    野菜チップスを作ろうとチャレンジしたらしいが
    揚げる段階で失敗したとか。
    そんなレベルの高いことするからやん。
    「干す」と言ったら洗濯物か、しいたけか、芋でしょ。
    からからといい感じの干ししいたけ、出来ました。
    次は大好きな干し芋に挑戦してみよう。
    | うしいぬの。。。 | 18:29 | comments(4) | trackbacks(0) | - | -
    寒波
    0
      さむ〜い!さむいよぉ〜!
      寒いの嫌いだよぉ〜〜〜。
      寒波です。ほんと、何なんでしょう。この寒さ。
      ちなみに、寒波も季語です。

      寒波急日本は細くなりしまま  阿波野青畝

      なんていう句もあります。
      もともと日本は細いけど寒くて細いままだと・・・
      私の場合、寒くて外に出たくないので家に引きこもって
      ・・・結果、太くなりしまま・・かと。

      ハイビの朝のお散歩で手児奈さんの池が氷結しているのを
      発見!こんなこと、ここ数年なかったように思うんだけど。
      で、氷った池にこんな珍客がっ!!

      鷺です。しかも、白い鷺じゃない。
      白い鷺は時々この池にもいるんだけど、この鷺さん、白い
      鷺よりどっしりしてて目つきも鋭い。
      青鷺っていうのかなぁ。
      こんなに凍ってたんじゃ、餌も捕れないねぇ。かわいそうに。
      でも、この鷺さん、氷の上に降り立つとき、つるって滑ったの。
      私は見たよ。ちょっと恥ずかしい姿を。。。がんばれ〜〜〜。
      | うしいぬの。。。 | 18:32 | comments(4) | trackbacks(0) | - | -
      加湿器
      0
        空気が乾燥してますねぇ。
        火事も怖いけれど、喉がイガイガ、咳が出やすく
        なります。
        夜も寝ているときに喉が乾燥して、朝起きたときに
        喉が痛かったりするのでマスクをして寝ています。
        この時のマスクは昔ながらのガーゼのマスクがいいようです。
        一つ難点なのが、マスクの跡がほっぺたにび〜っとつくこと。
        年とともにこの跡がなかなか消えない・・・
        午前10時を過ぎても頬にび〜っとマスク跡・・・。

        加湿器を買おうかどうか思案中。
        この、加湿器って季語なんです。驚き。
        「湯気立て」「湯気立つ」とならんで「加湿器」もあるんです。
        石油ストーブの上でやかんがしゅ〜しゅ〜湯気を
        立てているイメージなんだけど。
        「加湿器」も並ぶなんて、季語も進化しているようです。

        湯気たてて宿題の子の眠くなる 山西雅子
        歳時記こんな句もあります。
        宿題の子じゃなくても「湯気」が立っていたら
        眠くなっちゃうね。

        いつでも眠いハイビ。我が家に湯気は立ってないけどね。
        | うしいぬの。。。 | 19:01 | comments(2) | trackbacks(0) | - | -
        氷面鏡
        0
          新年季語シリーズ!!!ひゅ〜ひゅ〜!!

          はい。氷面鏡と書いて「ひもかがみ」と読みます。
          恥ずかしながら、さっき、ほんとに、つい今しがた
          発見した季語です。まさに発掘したての季語です。

          今朝、撮影したこの写真。

          我が家の庭にある古い火鉢ですが、ここにおよそ10センチ
          越えの白い和金がおります。
          通りかかるとご飯欲しさにぷか〜っと浮いてくる可愛い奴です。

          その金魚さんの水が昨日の朝と、今朝、結氷したのです。
          つい最近まで青々としていた布袋草も枯れて
          茶色くなってしまいました。
          氷の下に白い金魚さんがうっすらと見えるのですが
          写真ではわかりませんね。
          これでは、ご飯もあげられません。

          で・・・この氷で一句出来ないかと歳時記をペラペラと
          していたら見つけたのです。「氷面鏡」
          綺麗な言葉です。
          ただ、氷の面が鏡のようにキラキラ光っているものを
          氷面鏡というようで、こんなばっちい布袋草が浮いてるのは
          氷面鏡とは言わないんだと思ふ・・・(いきなりの文語)
          | うしいぬの。。。 | 16:01 | comments(4) | trackbacks(0) | - | -
          日脚伸ぶ
          0
            本日、茶の花句会の初句会に行ってきました。
            年明け、初めての句会なので「初句会」これも季語では
            あるのですが、本日のタイトル「日脚伸ぶ」
            今日の句会の兼題でした。
            日脚伸ぶというのは、冬至が過ぎて日一日と日脚が伸びる
            という、少ずつだけど春に近づいているんだねぇ・・・という
            意味合いの季語です。
            ただ、作りなれていないというか、漠然としているというか
            とっても難儀な兼題でした。
            ちょこっとだけ嬉しい事、嬉しい発見をひっつければ
            いいのかしら・・・なんていろいろ試行錯誤した結果。
            鉛筆を削る木の香や日脚伸ぶ
            としたのですが・・・。どうも日脚伸ぶと上五中七の関係が
            しっくりきていないのでは??ということでした。ん〜〜〜
            難しい。新年そうそう撃沈。
            ま、のんびりやりましょ。


            日脚伸ぶ呆けていいとは誰も言わず 森田公寛
            なんていう句も歳時記にあります。

            | うしいぬの。。。 | 20:56 | comments(6) | trackbacks(0) | - | -
            初御空
            0
              初御空。はつみそらと読みます。
              新年の季語です。
              俳句を始めたころ、歳時記には春夏秋冬の他に
              「新年」という括りもあるという事を知りました。
              とにかく、何でも「初」をつけると「新年の季語」に
              なる感じがなきにしもあらず・・・
              「初日」「初風」「初笑い」「初電話」「初鴉」等々。

              本日は3日なので初御空とは言いませんけど
              暮れから年明けにかけて怒涛の忙しさだったので
              一人こころ静かに御空を見上げた本日を私の「初御空」に
              してしまいましょう。

              今朝の手児奈霊堂です。ハイビとゆっくり朝のお散歩して
              きました。
              真間山弘法寺のふもとにあるので晦日の深夜から
              元日までは結構な人出ですが3日の朝ともなればいつもの
              静かな手児奈さんです。
              地元の人はたいてい「手児奈さん」と呼びます。
              ハイビの毎日のお散歩コースですが、お正月は手児奈さんも
              お飾りがしてあって、よそいきな雰囲気です。

              皆さま、今年もうしいぬとハイビ、1号や2号、ふ〜さん、
              ・・・そして来月お目見えするふ〜さんの妹ちゃん。
              登場人物、登場ワンコも多彩に綴っていきますのでどうぞ
              よろしくお願いいたします。
              | うしいぬの。。。 | 09:54 | comments(5) | trackbacks(0) | - | -
              冬苺
              0
                苺といえばクリスマスのイメージですが歳時記をみると
                本来、苺の季語は夏のようです。
                温室で育てられて、今、出回っている苺を「冬苺」と呼ぶようです。

                我が家から自転車をせっせと登ったり、下ったり・・・20分
                ほど漕ぐと苺の農家あります。
                もうね、ここの苺を食べたらスーパーの苺、食べられません。
                だってもう、甘くて、程よい酸味もあって・・・
                この苺が食べたいばっかりに漕ぎます。漕ぎます。
                江戸川沿いなので風も強いけど美味しい苺のためです。
                「あらぁ〜、うしいぬさん、いいのが採れてますよ。」
                奥さんのこの一言に自転車かっ飛ばした甲斐があるってもんです。

                ね?甘くて美味しいだけじゃなくて苺って元気になる
                色してると思いません?
                | うしいぬの。。。 | 20:20 | comments(4) | trackbacks(0) | - | -
                こそばい
                0
                  昨日の朝日新聞に興味深い記事がありました。
                  生き物好き、モフモフ好きににはたまらない記事です。

                  「ネズミもくすぐられると笑い声をあげるらしい。
                  若いネズミはくすぐられると笑い声を出すことが過去の
                  研究で報告されていた。・・・・
                  くすぐられたネズミは人間の手と遊ぶ行動を見せた。

                  くすぐったいという感覚が長い進化の過程で保存されて
                  きたのは、人間や動物が互いに触れ合い、遊ばせるための
                  脳の仕掛けではないか。」とアメリカ科学雑誌サイエンス
                  に発表された。


                  なんて、心癒される記事でしょう。
                  笑い声をあげるネズミ!!ん〜くすぐってみたい!
                  どんな声を出すのかしら。
                  「ひゃ〜!!こそばい!こそばい!」って・・・
                  動物も人間も触れ合って心通じるのね。たぶん。

                  もちろん、ハイビもくすぐると、この長い胴をウネウネ
                  させて、喜びます。
                  いちばんのくすぐりのツボは尻尾の付け根。
                  | うしいぬの。。。 | 09:14 | comments(2) | trackbacks(0) | - | -
                  一陽来復
                  0
                    今日は冬至です。
                    昼間の時間が一番短いようですが、外はポカポカと
                    暖かく、いいお天気です。
                    「冬至」はもちろん、季語ですが歳時記を見ると
                    「一陽来復」も「冬至」とならんで季語となっております。
                    古代中国ではこの日から陽気が復するというそうです。
                    ほんとかいな・・・

                    冬至といえば、柚子湯ですね。
                    柚子湯とかぼちゃがうしいぬ家の昔からの冬至の習慣です。
                    昨日、お友達がお庭になった柚子をたくさんくれました。
                    さっき、スーパーでかぼちゃも買ってきたので
                    これから煮物にいたしましょう。


                    山国の虚空日わたる冬至かな 飯田蛇笏

                    飯田蛇笏さんは山梨の方ですね。
                    山梨の山々を詠ったのでしょうか。
                    二日間、美しい雪嶺を見てきましたが、俳句が浮かびません。
                    だめだねぇ〜〜〜。仕方ない。かぼちゃでも煮よう。

                    | うしいぬの。。。 | 12:52 | comments(2) | trackbacks(0) | - | -
                    お引越し
                    0
                      先週末、わたくし、山梨にいる1号のところへ
                      行ってきました。
                      年末に1号が山梨のアパートを引き払って、こちらへ
                      帰ってくるのでお引越しのお手伝いに駆り出されて
                      きました。
                      当初、荷物もそんなにないし、家財道具は現地の
                      お友達に貰ってもらうから一人でできる!と
                      言っていた1号。
                      ところが、2週間ほど前に電話があり、
                      「だめだ・・・助けて。」とSOS。

                      というわけで、急遽、ハイビをいつもの獣医さんに
                      お願いして、土曜日の早朝、あずさ3号に乗って
                      一路甲府へ行ってまいりました。
                      アパートについて驚き!
                      「なんもしてないじゃん!」
                      「いやいや、これでもやってるから!」
                      途中、1号の職場のお友達も陣中見舞いに来てくれて
                      ようやく、午後5時。何とか荷物が出来上がりました。

                      今宵は、1号が石和温泉を2人分予約していたので
                      二人で温泉につかり、のんびりと昼間の疲れを癒して
                      きました。
                      前に、何度も父ちゃんと来ている温泉です。
                      きっと父ちゃんも参加していたはず。

                      この温泉のお庭にはきれいな池があって、ちいさな滝も
                      あります。石和は笛吹川が流れて、水も美味しく美しい
                      ところです。
                      この池には毎年鴨が越冬にきて、春先に卵を産みます。
                      6月ごろに来ると可愛い雛がたくさんいます。
                      1号が山梨を離れるとなかなか、ここに来ることも
                      ないかも知れないけれど、また来ようね!と1号と
                      露天風呂で誓い合いました(笑)
                      | うしいぬの。。。 | 08:44 | comments(2) | trackbacks(0) | - | -
                      このページの先頭へ